ブログが、書けない……。

のではなく書かなかっただけ。というはなしです。


記事数が増えない理由。

ブログを初めて半年以上が経っていますが未だに記事数が100を超えません。

いつまでたっても量をこなすことができないのは理由があるはず。なので思いつくままに列挙してみることに。

  • ネタを探すのに時間を使いすぎている
  • 評価が怖いネガティブなイメージがある
  • 自信がない
  • 時間が足りない

やりたくないって駄々こねてるみたいな理由だ 笑

一瞬で解決策が浮かびました。


記事数が増えないひとの共通点。

量をこなせない理由もとい、「量をこなさないための屁理屈」が浮かんでしまうひとはある病気にかかっています。

それは、自分のことばかり気にしすぎ病です。

ネタ探しに時間がかかる、評価が怖い、自信がない

こんな屁理屈が浮かぶのは「自分をもっとよく見せたい」という傲慢な態度が原因です。


記事の価値を判断するのはあなたではない。

そもそも、あなたの判断なんてどうでもいいわけです。他人にとっては。

ひとは誰かによって世に出されたものを見て知って、それからそれが自分にとって価値があるものなのかを判断します。

今日着る服は雑誌を見て自分で決めるし、聞きたい音楽だって自分で選曲します。

世に出した時点で選ばれるわけですよ。それがいいものなのか、しょうもないものなのか。


もちろんあなただって選んでいる内の1人です。選んでいる側の自覚があるからこそ自分の作品に厳しくなってしまうのかもしれません。

でも、もっと大勢に選んでもらったほうが早くないですか?


いい作品を見てもらいたいではなくどんな作品に価値があるかを探っていく。

作品の質を上げていきたいなら、日々、作品を世に出すべきです。そうすることによってより多くの人の目であなたの作品が判断されることになります。

1人で悶々と抱えているより、沢山の学びが得られます。

ダメだったらダメでいいわけです。失敗したら失敗しただけ、これは違うんだなっていうのがわかります。


量をこなすための習慣化。

量が大切なんだとわかったところで、それをどうやって増やしていくのかをサクッと紹介。

それはズバリ、量を増やしたいものを習慣化する

これが量を増やすための最善手です。

記事数を増やしたいならブログを「毎日」書いてください。歯磨きをするようにブログを書く。これが習慣化です。


ブログなんてやりたい時にやりたいだけやればいいじゃんと思いますよね?わたしもそう思ってました。昨日までは。

5月にブログを初めて約半年、書きたい時だけ書いてきた結果、総記事数は50がやっと。6ヶ月もブログをやってですよ?全くもって何やってんだって感じです。

燃え上がることを期待してはダメなんですよ。量を増やしたいなら、保温モードで淡々とやるべきです。やりたい時にやるなんて甘い考えでは量は増えていきません。わたしがその証明です。


毎日ブログはキツイ?

毎日はキツイなんて思う時点でもうダメ。自分のことばかり気にしすぎ病は根深いですね。

ブログ記事なんて写真1枚乗っけてコメントつければ出来上がりなんですよ。

それをいいか判断するのは他人です。あなたではありません。


毎日続けるには簡単なことを選ぶしかありません。簡単なことでも毎日続けていくと余裕ができてきます。誰だって箸を使い始めた頃は会話もままならなかったはず。

毎日続けることで余裕ができます。そこでまた新しいことに挑戦しましょう。質というのはそうやって上がっていきます。


まとめ

  • 価値は市場が判断するもの。
  • 質を生み出すための量。
  • 量を生み出すのは習慣。

まずは何も考えず量を生み出すことに専念します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク