ブログはアウトプットに向いてます。ただ、続けるのは難しい。なかなか毎日書けるようにはならないですね……。

なにか打開策はないかなと、ブログに必要な「情報量」に注目してアウトプットの方法について考えてみました。

 

アウトプットしてこそインプットになる。

大前提として、アウトプットしてこそインプットができます。  

最近ではプロブロガーのイケダハヤトさんの note が参考になりました。

ぼくの考えでは、
①インプットとアウトプットは、分けるべきではありません。

さらにいうと、
②「自分のなかに、一体何をインプットするのか」をクリアにすべきです。

最後に、
「インプットの質」よりも、「アウトプットの粒度」を高めることを優先すべきです。

とくに頷いてしまったのがこの部分。

自分の「琴線」がどこにあるのか、
またその琴線を奏でると、どんな音がするのか。

そういう自己理解を、あなたはインプットすべきなのです。

アウトプットすることが自己理解というインプットにつながるんですね。 そしてそこから自分なりの視点が生み出せると……。

知識は経験を加えることで自分のものとなります。

 

アウトプットするのにブログは便利だけど…。

アウトプットするのにブログはとても便利です。

文字数の制限もなければ、画像、動画も自由に組み込むことができます。

けど、毎日書くとなるとめちゃめちゃ難しいですよね?

ただ書くだけなら日記でもいいですが、そんな記事は読まれません。せっかくなら誰かに読んでもらいたい。

ブログは検索されて読まれるもの。そう考えると「テキトーなもの」をアップすることにためらいを感じてしまうはず。

どんどん書くハードルが上がっていく……。 

 

ブログを毎日書けない理由3つ。

このままでは何もできなくなってしまいますね。なんとか突破口を見つけたい……。

「テキトーなもの」とはなんぞやと考えてみたところ「情報量」が関係しているのかなと感じました。

ググった時に内容の薄い記事に出会うとムカつきますよね。

期待に答えてくれない記事には、求めている答え(情報)が足りていません。

ここに注目して毎日書くのが難しい理由を考えていきます。

 

1.情報量を増やすには質が大切。

いい記事にはある程度の情報量が必要。文章で表現するならある程度の長文が求められます。

けれど、そもそも長い文章を書くのは大変。ネタを見つけて構成を練ってと、長文を書くのにはかなり労力がかかります

絵や図、動画にも同じことがいえるでしょう。

 

2.いい記事にはオリジナルの情報が必用。

中には質の低いまとめ記事みたいに、ネットで見つけたものを引っ張ってくるだけで完成としているものもあります。

が、そんな記事は他の誰でも書けるのであって、マネされたら消耗戦になること間違い無し。

自分の体験をもとにした記事を書くほうがオリジナリティがでてくるでしょう。

 

3.色々知らないと書ききれない。

いい記事を書くには調べることも大切です。

よく分からないまま書いてしまうと説得力に欠け、なんじゃこりゃと思われるでしょう。

長い文章を書けないひとには知識や経験が足りない傾向があります。

読書感想文がほぼ要約で埋まってしまうひとにはキツイ作業でしょう。

 

「情報量」に合わせたアウトプットの方法。

ブログを書いていると、自分に足りないものが多すぎてヘコみます……。

読んだ記事や本の感想を書こうとすると、いいと思ったところにただただ頷いてばかりで要約にしかなってないこと、多くないですか?

これだといい記事とは言えません。ググった時にそんな記事ばかりが出てくるのは勘弁。

 

こうなるとますますブログを書くことが億劫になってきます……。 

が、だからといってアウトプットができないかといえばそうではないと思います。

自分のレベルに沿ったアウトプットの方法を「情報量」に注目して考えてみました。

 

ブログを使う。

ここが到達点です。このひとおもしろいなあと思う記事にはある程度の情報量があります。

自分の経験をおもしろく語れるひとは、ブログをアウトプットの場として継続することができます。

ツイッターで連投ツイートをすることで自分の意見を述べることができるひとも、ブログを使いこなせそう。

 

ツイッターを使う。

次に簡単なのがツイッターを使うこと。

基本は140字以内に自分の意見をつぶやくことになります。これならなんとかなりそうでは?

例えば YouTube でいい音楽を見つけたら自分の感想と一緒にシェアしてしまえばいいのです。

リンクの文字数も140字に含まれるので、意外と簡単に目一杯書ききる事になります。

 

ゼロ秒思考メモを使う。

有名なゼロ秒思考メモですがこれが最も簡単なアウトプットです。

1分以内に、思ったことをひたすらメモしていくだけ。

こんな感じ。

screenshot_2017_01_10T10_30_21 0900 

ブログ、ツイッターと違うのは読まれることは考えなくていいということ。

メモなのでチラシの裏にでもパパっと書けばそれで完成。自分のためだけに書けばいいのでかなり自由に書くことができます。

うまく書けたなと思うものは少し編集すれば、ツイッターにあげれる程度の情報になります。

 

情報量によってアウトプットを使い分ける。

自分が発信できそうな情報量に注目すると、どんなアウトプットをすればいいのか見えてきます。

無理のない出し方を続けていればアウトプットを習慣化できるでしょう。

 

この記事のネタも、ゼロ秒思考のメモを編集してツイッターに上げたものです。

ブログをいきなり書くのがムリそうなら、まずはタネの状態でいちど出してみるのがおすすめです。

もっとアウトプットを習慣化して、毎日ブログがかけるくらいになりたいですね。

 

まとめ。

  • アウトプットするのにブログは便利。経験の整理にもなりインプットの質が上がる。
  • しかし読まれそうなものを毎日書くのは難しい。その原因は必用な「情報量」の不足にある。
  • いま手にしている「情報量」に合わせてアウトプットする場を選ぶと、継続してアウトプットを鍛えていくことができる。

というはなしでした。

 

人気記事セレクション。

 

Twitterをのぞいてみる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク