IMG_0334

こんにちは大徳(@daitokuful)です。

 

ネット接続がとぎれとぎれになるとイライラしますよね。

そんな時にアマゾンで見かけたのが Archer T2U。

製造元の TP-Link は中国の会社。「げげっ!」と思いましたが、調べてみると無線LAN機器のシェア世界一なんだとか。

NO.1には逆らえない……。ということで実際に使ってみたところ、ネット環境が快適になったので紹介します!

 

 

TP-Link「Archer T2U」を使ってみて。

実際に使ってみて、中国製だからとバカにはできないなと感じました。

いくつかに分けてよかった点をまとめてきます。

 

見た目と使用感。

外観はこんな感じで手のひらサイズ。あんまり小さすぎると無くしそうなのでこのくらいがグッド。

IMG_0332

 

挿すとLEDが光ります。

IMG_0338

結構飛び出るので、ノートPCに挿しっぱなしにして持ち運びは不安ですね。下記「比較したもの」にある5GHz専用の方が飛び出しが少なくいいと思います。

 

PC素人でも設定がかんたん。

とにかくよかったのは設定がかんたんだったこと。ここでつまずくと何にもしたくなくなりますからね。

本体をUSBに差し込んでから、付属のCDを入れて、あとは案内に従うだけという楽ちんステップ。

 

説明書もシンプル!片手で持てる紙にコンパクトにまとまっています。

IMG_0339

 

高感度が上がったポイントはここ。

デフォルトでドライバーだけをインストールする設定になっているんですよね。面倒なことがとことん省いてあって素晴らしい。

スクリーンショット (42)

 

3年保証のおまけ付き。

さらに3年保証が付いてきます。

一通り他の製品もチェックしてみたのですが、保証がつくものは他になかったです。

自信がないとできないことだよなあ。

 

 

TP-Link Archer T2U のスペック。

通信規格

  • IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)
  • IEEE 802.11 a/n/ac (5GHz)

対応OS

  • Windows 10/8.1/8/7/XP,Linux
  • Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10

通信規格は普及しているもので最新のもの。

さらに幅広いOSにも対応しているので機器を選ばず導入することができます。

 

5GHz帯で安定した通信を

5GHz帯での通信は、速度が上がるのに加えて、電波干渉が少なく安定するのが特徴。

手持ちのルーターが 11ac に対応しているのなら問題なく利用できるはず。わたしはWiMAXルーター「wx01」と組合わせて使っています。

11ac に対応していないのであればもっと安いものがあります。

 

2.4GHz 帯にも対応

出先のWi-Fiスポットなどは2.4GHzの場合もあるんですよね。どちらでも使用できるのは安心です。

 

 

使ってみて速度と安定性が改善。

通信環境は

  • Windows10
  • WiMAX2+
  • Speed Wi-Fi NEXT WX01

以前使用していたものが IEEE 802.11 g/bにしか対応していなかったのもあって速度はかなり上がりました。

YouTubeの動画が1080pで見れます。

さらに安定性が増加。通信が途切れてしまうことがなくなりました。これは5GHzの恩恵とも言えるでしょう。

 

まとめ。

同スペックの機種と比べて値段が安いこともあり、無線LANを手頃に強化することができます。

ということで TP-Link Archer T2U おすすめです!

 

 

比較したものたち。

無線LAN機器でよく目にするバッファロー。が、値段が高い!そんなに性能変わらないのに2倍近くするじゃないか!TP-Link が日本市場に参入したのは2016年。これから競争が激化しそうですね。

 

受信感度を上げるためにアンテナが付いたタイプ。いいかもって思ったんですが、メーカーの情報があまりなく不安だったために見送ることに。レビューもいい感じなんですけどね。

 

こちらは5GHz帯専用のもの。とにかく小さいので持ち運び時に引っかかる心配がありません。使用しているノートパソコンに2.4GHz帯の受信機が入っているならこれで十分ですね。

 

 

人気記事セレクション。

 

 

運営者をフォローする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク