こんにちは、大徳(@daitokuful)です。

今回は、チューリップ 「私のアイドル」を弾いてみました!

ベースだけでセクション毎に区切ってあるので耳コピの参考になればと思います。

 

 

わたしのアイドルについて。

まずは曲情報をということで簡単に紹介していきます!

 

コピーしたバージョン

今回はYouTubeにアップされていたものをコピーしました。

2008年2月12日・大阪フェスティバルホールでの演奏。Live Act Tulip 2007〜2008 〜run〜 ですね。

35年間の全国コンサート・ツアー活動に終止符を打つために行われたファイナルライブです。ま、このあと40周年記念のライブもするみたいなんですけどね。

客層、財津さんの盛り上げ方から見てもうあんまり若くないのかなあという印象。

調べたらこの時59歳!そりゃあ年取ってますね。

演奏も落ち着いた感じです。

 

ベーシスト

ベーシストは宮城伸一郎。1980年以降の全てのシングル、アルバムに参加しています。

ソロプロジェクトでは甘い声のボーカルが聞けます。チューリップのハーモニーが美しくなるわけだ。

ギターも弾いてる!マルチプレイヤーなんですね。

 

 

私のアイドルを弾いてみて。

反省も含めて弾くときのポイントや楽しいところなどをサクッとまとめていきます。

 

intro

ギターとの掛け合いからユニゾンで曲に入っていきます。

最初の音はE。4弦の開放は鳴らすのが難しいので一発目の音に集中しましょう。

後半のユニゾン部分は休符をしっかりとってギターと合わせたいです。

 

A

8ビートが続きます。うーん、ツブが揃ってないですね。どうしても8ビートは苦手です。コツがあったら教えてください!

 

B

サビの部分。同じようなパターンが続きます。

指の動き自体はそんなに大変ではないのですが、かなり移動するフレーズなので滑らかに弾けるといいです。

 

interlude

間奏です。実はギターソロの後ろでこんなのを弾いてます。

ここを目立ちどころに出来るかは演者次第ですね。

思いっきり弾いてやりましょう!

盛り上がる前のE音は3弦7フレットへスライドしながら弾き、さらに4弦の開放と一緒に鳴らすのがコツ。

 

 

人気記事セレクション。

 

 

運営者をフォローする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク