IMG_9127

ひきこもり、大学を辞め、無職だったのですが、ついにバイトを始めました。

なんで始められたかを考えてみると、やりたいことから逃れることができたからではないかと思っています。

 

やりたいことリストが全然機能しなかった。

以前、やりたいことリストを作ってみたことがあります。

これはやりたいことを可視化することによって、自分がどう動いたらいいかを明確にするもの。

 

で、その時はスラスラとはいかないまでも、やりたいことが書けたのです。

自分ってこんなにやりたいことがあったんだ、と感動さえしました。

が!振り返ってみると、全然達成できていませんでした!

やりたいことがあるはずなのに、いつまでたっても達成できていなかったんです。

 

 

やりたいことを振り返るのが嫌になる。

ネットや書籍では「やりたいことがあるならやれ。できないのは、お前にとってそれがやりたいことではないからだ」という意見を目にします。

こんな意見を見ていると、達成できていないやりたいことリストをみるのが苦痛になってきます。

以前はリストを毎日確認するためにブログのトップページに載せていたのですが、それもやめました。

だって、見るのが辛い。

 

やりたいとは思っている。なのに、いつまでたってもできていない……。その原因を考えてみました。

 

 

やりたいことは大きすぎる目標。

やりたいことがいつまでもできない原因。それは目標が大きすぎることに尽きます。

 

大きな目標を達成する方法としては、物事を分解して取り組んでみるというのがあります。

例えば「家の外に出る」という目標があれば、それに必用な行動

  • 顔を洗う
  • 服を着る
  • 扉の前に立つ
  • 鍵を開ける
  • 扉を開ける

などといった実際の動作を細かに書き出してみると、次になにをすればいいのかがハッキリ見えてくるという方法です。

 

分解することのメリットはさっき述べたように、次になにをすべきかを意識できること。

なんですが、ひとつデメリットがあって、分解したら分解しただけ、やるべきことが増えたように思えてしまうんです。

そうなるともう辛い。多すぎるタスクが、目標を達成するための壁へと変わっていきます。

 

やりたいこと(目標)が大きすぎると

  1. どこまでも細かく分解できてしまう。
  2. 分解すればするほどやらなきゃいけないことが増える。
  3. 結果、その量に押しつぶされる。

という感覚。

 

 

やりたいことは放っておいて、やれそうなことをやってみる。

ここまで読んで、「なんて堪え性のないやつだ。」とか「やりたいことがあるなら我慢しろ」などと思うひともいるかもしれません。

確かにわたしはガマンが苦手で、弱みとして、すぐに結果を求めたがる傾向があります。

 

ただ、やりたいことを実現するのに、本当にガマンって必用なんですかね。

そもそも、やりたいことって、ことばにする前から自分のなかに何となくあるものなのでは。

まだ言語化できていない、本当にやりたいと思っていることが「やれそうなこと」に隠れている気がするんですよね。

肝心なところがあやふやですみません……。

 

もやもやしたものを理解しやすくするために、言語化し、分解して、そのとおりに行動するということは確かに便利。

「あー、コンピュータみたいにプログラムしたとおり動けたらいいのにな」と思うこともあります。

が、分解すればするほどやるべきことが増えていくことは事実。

ここから逃れるため、やれそうなことを意識して動いてみた結果、バイトを始めることができました。

 

増えすぎたやるべきことはいったんリセット。

やりたいことは一度隅において「やれそうなこと」を考えていくことが、本当にやりたいと思っている方向へと踏み出すための手助けになっていくんじゃないかなと思います。

 

 

やれそうなことに挑戦するメリット。

やれそうなことをとりあえずやってみることの最大のメリットは、闇雲に突っ込むより自分の強みを伸ばしていけること。

やれそうだなと思うことって、なんとなく自分に自信があることなんですよね。

もしダメでも、また次のやれそうなことに挑戦すれば、自然と自分の強みのみを伸ばしていくことにつながります。

 

やれそうなことを繰り返し、強みを伸ばせば自然と結果が付いてきます。

そうして自分に自信がつけば、やりたいと思っていたことがいつの間にか、やれそうなことになるのでしょう。

 

 

まとめ。

やりたいことを隅において、やれそうなことを意識する。そうすることでとりあえず、動き出すことには成功しました。

自分がやれそうだと思うのはそこに自信がある証拠。

その自信が大きくなり、本当にやりたいことにかすってくれたらいいなと思います。

その時に「やりたいけどできそうにもないこと」が「やれそうなこと」に変わっていくのでしょう。

 

ということで、自分自身で実験していきます。

まずは、仕事を覚えるところから!

 

 

人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク