スマホ、iPhone をただの暇つぶしの道具として使っていないだろうか。時間をムダにしているなあと思ったことはないだろうか。

そんなイマイチ iPhone を使いこなせずにいるひとに教えたいのが FastEver 2 というアプリ。何のアプリかというと、Evernote に爆速でメモできるだけというもの。

たったそれだけの機能が iPhone を暇つぶしの道具からアウトプットする道具へとアップデートさせてくれた。FastEver2 があればダラダラとTwitterを眺めるといったムダな時間を減らすことができるだろう。

この記事ではわたしなりの使い方を紹介していくので参考にしてみてほしい。

 

FastEver 2 がおすすめな理由。

インプット主体だったものがアウトプットも簡単に行えるようになったのが iPhone の使い方が変わった大きな理由だ。

主な機能は Evernote に即メモを保存できるというもの。それに加えて画像、日付、位置情報を一瞬で挿入することも可能だ。

それでは、 FastEver 2 がアウトプットに使えるものとしてどのように優れているのか紹介していこう。

 

1.一瞬で入力画面へ。

使い方は簡単だ。アプリを立ち上げたら後はもう入力するだけ。普通のメモアプリだとアプリを立ち上げたあと「新規ノート作成」ボタンを押す必要があるだろう。FastEver 2 にはそんなボタンすらない。

 

Evernote のウィジェット機能と比べてみても圧巻だ。メモを書き始めるまでに必用な動作をまとめると次のようになる。

・Evernote のウィジェットを使う場合

スリープを解除→左にスワイプ→新規ノート作成→ロック解除

でようやく入力できる。素早くメモを取るための動作にしては少し面倒だ。

・FastEver 2 なら

ホームボタンを押しスリープ解除&ロック解除→アプリをタップ

たった2ステップでメモの準備が整う。親指の移動も少なくシンプル。これがやりたいがために指紋認証付きの iPhone SE へと乗り換えた。最高。 

 

メモを取ろうとする時よくあるのが、書く準備をしている間に内容を忘れてしまうことだ。せっかく思いついたものを残すことができないというのは実務的にも精神衛生上にもよくない。

FastEver 2 はアプリを立ち上げるだけで即メモできるので iPhone を肌身離さず持つことが自然となった。今ではトイレにまで持ち込むようになっている。アプリを立ち上げるだけで入力ができる。何度でも言うが、これは最高だ。

起動したら開くのがこの画面。後はメモするだけ。

IMG_0456

 

2.すばらしく起動が速い。

アプリ版 Evernote がメモ書きに向かない理由がもう一つある。それがアプリの起動速度だ。保存したノートの表示や同期など、多機能なだけ動作が重くなってしまうのだろう。アプリをタップしてから起動するまで間がある。

FastEver 2 はとにかく!何といっても!起動が速い!速すぎる……!!

FastEver 2 の起動速度を体感してしまうともう戻れない。Evernote はやはり保存したものを検索して確認するためのアプリだ。

Evernote との起動速度の比較。使用機種は iPhone SE

IMB_FNykaU

 

 

3.ゼロ秒思考と相性がいい。

思いついたことは即メモすることで思考の整理にもなる。FastEver 2 はメモ書きで有名なゼロ秒思考にうってつけだ。

ゼロ秒思考の基本的な考えはとにかく優しい。

私は、普通に会話をしたり、本を読んだり、インターネットを利用できるような人は、本来的にみな頭がよいと考えている。

ストレスやプレッシャーに弱い人はいるが、誰でも自分の意見を持っており、安心できる環境であれば発言できる。適切な判断力も持っている。確かに考えの浅い、深いはあるが、これもやり取りする中で改善していく。年齢、学歴、性別、経験などによる差はほとんどない。

ところが、驚くほど多くの人が自分に自信を持てず、せっかくの能力が宝の持ち腐れとなっている。

これはあまりにももったいない。心の整理をし、考えをまとめ、深める方法があったら、誰でも別人のように成長できる。仕事ができるようになる。

コミュニケーションの悩みも減り、不必要な苦しみから少なからず解放されて生きていくことができる。

引用:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

この考えにそって編み出されたのが、制限時間1分でテーマに沿って思いついたことをそのまま次々と書き続けていくというもの。

A4用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4〜6行、各行20〜30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。したがって、毎日10分だけメモを書く。

こんな感じだ。

screenshot_2017_10_17T13_49_03 0900

 

書いて書いて書きまくる。物凄くシンプルだ。FastEver 2 が爆速でメモできるメリットがゼロ秒思考に見事なまでにハマっている。

この思考法、本当に頭がスッキリするので是非試してほしいのだが注意してほしいポイントがある。

はっきりいうと、ゼロ秒思考を FastEver 2 で行うことは正しいとされる方法ではない。

というのもゼロ秒思考法は本来紙にペンで書くものなのだ。著者である赤羽さんも結果を出すためにはとにかくフォーマットを守ってほしいと主張している。

それでも、どうしても紙に書けない、書きたくないひともいるだろう。理由としては紙の持ち運びがイヤ、字を書くことにコンプレックスがある、などがあげられる。すべてわたしのことだ。そんなひとがゼロ秒思考を行うには即メモ、即新規ノートに移れる FastEver 2 がうってつけだ。

 

FastEver 2 を使いこなす!おすすめの設定。

ここからは FastEver 2 を使いこなすための設定を見ていこう。そのままでも十分すぎるほど使えるアプリなのだが、以下の設定をすることで作業効率が上がると思っている。参考にしてみてほしい。

 

1.タイムスタンプの「西暦」「和暦」を切り替える。 

FastEver 2 の超絶便利機能、それがタイムスタンプ。時計のアイコンを押すと一瞬で日付と時間が入力できる。Evernote に日々のログを記録するのに必須の機能だ。

しかし iPhone を日本語に設定している場合、日付の入力が和暦になっているはずである。

こんな感じに→H29/10/10

好みもあるだろうがこれでは Evernote で検索しづらい。ここはシンプルに西暦で入力するのがおすすめだ。

やり方は簡単で iPhone 本体の設定を変えるだけ。

「一般」→「言語と地域」→「暦法」

で好きな暦法を選べば FastEver 2 でタイムスタンプを使用したときの暦法も変わる。おすすめは先程も述べたように西暦だ。

これで Evernote に「2017/10/」と入力すれば2017年10月に作成したものが検索できる。あのときどんなこと考えていたっけ?というのを素早く見つけることができるだろう。

 

2.保存先はひとつにする。

FastEver 2 では保存先のノートブックを指定することができる。作成したメモをあとで見返すためにも整理は重要だ。

が、FastEver 2 は爆速でメモをとるためのアプリだ。メモを書くたび保存先を決めていてはそのことに気を取られてしまう。メモだけに集中するためにも整理は後でやろう。

おすすめは Evernote に inbox (名前はなんでもいい)というなんでもいれてしまうノートブックを作っておいてそこに投げておくこと。

整理は寝る前だとか、1日を振り返る時間に一気に済ませてしまうのがいいだろう。思いつく限りメモをし、あとから整理する。タスク管理にも通じる基本だ。


 

さらに爆速でメモするために作者への提案 FastEver 2 のデメリット。

ここまで FastEver 2 をおすすめする理由とその使い方について紹介してきた。ここからはデメリットについても述べていきたい。ただ、不満を述べるだけでは何も変わらないので作者への提案という形で書いていこうと思う。

はじめにお伝えすると、 FastEver 2 は片手、特に左手で操作するのがちょっと難しい。

どいうことかというと次の画像を見てほしい

IMG_0456

お分かりいただけただろうか。 FastEver 2 は右上の「保存」ボタンを押すことでしかメモを保存できない。そうなると左手で操作する場合、親指を目一杯伸ばすことが必要になってくる。

 

普段から利き手と反対の手でスマホを操作しているひとは多いのではないだろうか。

例えば、食事中ふと頭に浮かんだことをメモするにはいちいち箸を置かずとも空いている左手で操作できればいい。といった具合だ。

頭に浮かんだことは空いている左手でサクッと入力したい。そのために保存ボタンが左手でも届く位置にあるとうれしい。

とすると、この位置にも保存ボタンを置けるように右手用、左手用の設定を作るというのが一見、改善案になるような気がする。

IMG_0456

が、実際はどちらの手で使っていても片手で操作を完了することは難しいだろう。

なぜなら最近のスマホは画面サイズが大きいからだ。私事になるが、iPhone 5 から 7 に変えず、SE にした1番の理由が画面のサイズだ。iPhone 7 を実際に試してみたがどうやっても片手で扱えなかった。右上、左上などかすりもしない。それほどまでに今のスマホのサイズは大きい。

では、一体どこに保存ボタンを置くべきなのか。わたしの思うベストな位置はここだ。

IMG_04562

ここなら片手で扱う場合、左右どちらの指でもボタンが届く位置にある。右手用、左手用の設定を増やしてシンプルさを失うこともない。

 

これまでも触れてきたように FastEver 2 はすでに爆速でメモを書き始めることができる。メモの入力、タイムスタンプ、画像の挿入、位置情報の付加、に関しては全て片手で可能だ。

それを踏まえてさらなる速度、超速を目指すにはすべての操作を片手のみで完了できるようにしたい。そのために保存ボタン左右どちらの手で使っていても片手で扱える位置に置きたい。

そのベストな位置は

ここ!

IMG_04562

なのではないかと思う。

 

まとめ。

ここまで FastEver 2 のメリット、おすすめの設定、そしてデメリットについて紹介してきた。

メリットは

  • アプリを開くと入力画面へ直結
  • 起動がすばらしく速い
  • ゼロ秒思考との相性が抜群

おすすめの設定は

  • Evernote で検索しやすくするためにタイムスタンプは西暦に
  • メモに集中するために保存先はひとつに

デメリットは

  • 保存ボタンが右上にあるため片手のみで連続してメモするのには難あり

 

FastEver 2 は本当に!おすすめのアプリだ。が、有料アプリなので手を伸ばしづらい人もいるだろう。この記事がアプリを購入する際の参考になればうれしい。

FastEver 2
480円
(2017.10.17時点)
 App Store
posted with ポチレバ

 

人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク