IMG_10123

3足1200円という安さ、ガシガシ使える耐久性、さらにおしゃれにも使えるという高コスパ靴下を見つけたので紹介。

 

わたしはキッチンで働いているのだが、床が滑るので踏ん張らないといけないことが多い。

で、そうするとすぐ靴下に穴が開く。とくに親指のところ。

ちなみにいつもはユニクロで3足990円のものを使っている。

まあユニクロが悪いわけではないと思う。こんだけ踏ん張ったらそりゃあなってくらい踏ん張っているので。

 

とにかく!すぐ穴が空いてしまうので靴下がどんどんだめになっていく。

流石にこれはかなしいなと思って仕事でガシガシ使える靴下を探してみところ、3足1200円でちょうどよさそうな靴下を見つけたので紹介。

 

実際に使ってみてわかったレイルロードソックのいいところ。

これがその靴下。THE RAIL ROAD SOCK(レイルロードソック)。アメリカ製。

IMG_1012

実際に使ってみたところ

  • 履き心地がいい
  • 蒸れない
  • 洗濯してもへたらない
  • 穴が空きづらい
  • ちょうどよいサイズ感

というメリットがあったので紹介していこう。

 

履き心地がいい。

1足400円とは思えない生地の分厚さ。ポケットティッシュと比べてこの差。

IMG_1030

さらに、うらっ返すとこんな感じで足首から下がふわふわしている。

IMG_1071

生地の分厚さ+ふわふわのおかげでかなり履き心地がいい。ふわふわと包まれているような感じ。

めっちゃふわふわ。柔らかいタオルみたい。

IMG_1072

仕事用に購入したのだが、あまりに履き心地がいいので普段履きにも使いたいと思っている。

リブもビジネスっぽくないのでおしゃれにも使えるはず。

 

蒸れない。

生地が分厚く、中がふわふわしていると蒸れるのではと思うかもしれない。

が!うれしいことにこれがまったく蒸れない。

リブの部分がかなり太めに編まれていて通気性が確保されている。

IMG_1069

広げると肌が透けてみえる。

IMG_1070

この編込みのおかげか、夏のサウナみたいな状態のキッチンで5時間、立ち仕事をしてもまったく蒸れない。

ユニクロのものを履いていたときはあせもができてしまっていたのだが、それもなくなって快適。

 

洗濯してもへたらない。

左から1回洗濯したもの、2回したもの、未洗濯のもの。

IMG_1075

洗濯時に普通の靴下と同じようにシワはできる。が、分厚さはほとんど変わらず、へたったような感じもない。

 

ちなみにわたしはキッチン勤務。仕事が終わる頃には靴下に油の匂いが染み付いている状態だ。なので洗濯は粉末洗剤+ぬるま湯でガッツリしている。

以下がわたしが実際にしている洗濯だ。耐久性の参考にしてみて欲しい。

柔軟剤いらず!しみついた油の匂いに悩む人におすすめな洗濯洗剤は「アリエール 粉末 サイエンスプラス7」で決定。

 

穴が空きづらい。

これまでに、生地の分厚さ、洗濯への耐久性を見てきた。

このくらいの分厚さと耐久性があれば穴も空きづらいのではないだろうか。

正直使い始めてまだ1ヶ月経っていないのでこの部分は随時追記していこうと思う。

 

ちょうどいいサイズ感。

適応サイズは24~30とかなり広め。

身長168cm、体重59kg、足サイズ26.5のわたしが履くとこんな感じ。

IMG_1025

実は、足首から足先にかけてのフィット感にはすこし余裕がある。が、靴下がずれてしまうことはない。

それは足首から上、ふくらはぎ部分がキュッと締まっているから。程よい締め付けで靴下がずれてしまうのを防いでくれる。

IMG_1027

ここがゆるい靴下は動き回っているうちにだんだん下がってきて、ルーズソックスのようにダボッとなってしまう。

足の指はらくに広げられつつ、動き回ってもダボッっとならないサイズ感がちょうどいい。

 

ここがレイルロードソックの残念なとこ。

これまでメリットを伝えてきたが2つだけ、デメリットもある。

 

ひとつめは、洗濯しないで履くとウラの毛が抜けて足に張り付いてしまうということだ。

1度でも洗濯してしまえば毛は抜けなくなるので、気になる方は使用前に洗濯することをおすすめする。

 

ふたつめはこれ。この靴下をくるんでいるパッケージ、実はシール素材でできている。

IMG_1014

なので、剥がすとこうなる。

IMG_1021

こうなってしまう。

IMG_1022

うーむ、これは残念なアメリカ!

 

 

レイルロードソックとは。

THE RAILROAD SOCK(レイルロードソック)とはアメリカ、ミズーリ州の靴下メーカー。1901年創業なのでかなりの老舗だ。

その名のとおり鉄道員のための靴下づくりからスタートしたブランドで、現在でもアメリカ製を続けている。

 

そんなレイルロードソックの中から今回購入したのは CREW WORK SOCKS(クルーワークソックス)。

意訳すると「作業員のための靴下」。あくせく働くのにぴったりな名前だ。その名に恥じぬようガシガシはいていきたい。

 

THE RAILROAD SOCK / CREW WORK SOCKS

  • Color: white, black, gray, navy
  • Fabric: 85% cotton,  15% nylon
  • Size: free(24~30)

スポンサーリンク

スポンサーリンク