ベースのシールドって種類が多すぎて困りますよね。

シールドを変えると音は変わります。でもその音がいい音であるかどうかは自分の耳次第。音楽に好き嫌いがあるのと同じです。

だからこそ、安くて頑丈な CANARE カナレはシールドの定番。ベースでもギターでも、これを選んでおけば間違いはありません。わたしも長年お世話になりました。

ですが!いつもみんなと同じものでは飽きます!そこで色々試したのですが、中々これというものがなかった……。

そんな中で出会ったのが VOX ヴォックス VBC-13

「カナレこそNO.1だ!」と思っていたのが揺らいだシールドです。

 

特徴はざっとこんな感じ。

  • 頑丈
  • 向きが決まっている
  • 特徴的な見た目
  • ちょうどいい長さ
  • 安い

以下で解説していきます!

 

VOX ヴォックス VBC-13 ベースシールドの特徴。

①L字プラグなのに頑丈。

シールドを選ぶとき1番大切なのが、頑丈であるかどうか。すぐ断線してしまうようなものは演奏していてストレスですし、何よりお金がかかります。

VOX VBC-13 のプラグは S/L 型。片方だけL字になっているやつですね。L字のプラグは曲がりやすいだの壊れやすいだの言われますがこのシールドには当てはまりません。

頑丈すぎるといってもいいくらいしっかり守られています。ほぼ毎日使っていますが、プラグがゆるむ気配すらありません。

IMG_8875

 

②ケーブルも頑丈かつ巻きぐせなし。

ケーブルは太め。ちょっとやそっとのことでは断線しません。さらに、皮膜が網目状なので柔軟性もありつつ、巻きぐせを防いでくれます。

上はカナレのもの。

IMG_8876

 

③シールドを挿す向きが決まっている。

シールドは挿す向きでも音が変わるって知っていましたか?わたしは VOX のシールドに出会うまで知りませんでした。

一般的には、ケーブルに書かれている文字の向きで挿す向きが決まるみたいです。でもこれってちゃんとした表記じゃないので不安になりますよね。

その点 VOX VBC-13 は安心で、挿す向きがちゃんと書いてあります。

カナレの場合、シールドに書いてある「CANARE」のCが楽器側、Eがアンプ側と言われています。

dIMG_8878

 

VOX VBC-13 には挿す向きが表記されています。あえて向きを逆にして使うという選択肢も。

 あIMG_8877

 

④おしゃれな見た目。

カナレってかなりシンプルですよね。機能美を追求しすぎたのか、パッと見でカナレのものを使っているとはわかりにくいです。

それどこの?って聞かれたことがない。

IMG_8882

 

VOX はカナレと違ってかなり主張が激しい。シールドを変えたらすぐに分かるほど目につきます。

でも、おしゃれなんです。

IMG_8874

 

⑤4mがベースにとってちょうどいい長さ。

シールドの長さは4mと6mから選べます。これが絶妙な長さで、4mを2本持っておけば、スタジオにも、ライブハウスにも対応できるんですよ。

特にライブハウスでは、使用するアンプの背が高かったり、アンプのそばで演奏できるとは限らなかったりで、一般的な3mのシールドだと短くて困る時があります。

画像:http://tranquilmammoth.blogspot.jp/2009/02/?m=0

わたしが初めてライブに出た時はシールドの長さが足りずに、地面から浮いた状態で演奏してしまいました。この状態だとアソビがないのでシールドが抜けやすく危険。演奏中にシールドが抜けてしまうと機材をダメにしてしまう場合もあります。

ライブの時だけ5mのシールドを使っているというベーシストは結構多いのでは?

 

が!ベースの音はシールドの長さでも変わります!!

いつでもできるだけ同じ環境で演奏できるように、スタジオ練でもライブでも常に同じシールドが使えるようにしておくと、妙な違和感を感じなくてすみます。

練習用とライブ用でシールドを用意しなくてもいいので出費を抑えることもできますね。

直アン派のひとには6mがおすすめです。

 

⑥値段が安い。

これだけの性能を持ちながら価格は抑えられています。

ベース用4mが2570円。
カナレの3mは1518円。
※2016年11月時点

値段を見ても、カナレに飽きてしまったひとが次に試してみるシールドとしておすすめできます。

 

VOX ヴォックス ケーブル ベースシールド  VBC-13

特徴をまとめておくとこんな感じ。

  • L字プラグなのに頑丈
  • 向きが決まっている
  • 見た目が特徴的でおしゃれ
  • ちょうどいい長さ
  • 手を伸ばしやすい値段

 

ギター用もあるみたいです。

 

定番のカナレはギター・ベース両用。

音のクセがなく、耐久性に優れ、とにかく安い!

一度も試したことがないならまずはこのシールドを使ってみることをおすすめします!

 

人気記事セレクション。

 

 

運営者をフォローする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク