tyoukyori

最近「ACC」搭載車をよく見かけますね。亀梨くんがCMに出ているスズキのソリオなどもそうですし、プロブロガーのイケダハヤトさんもアウトランダーPHEVを購入してACCの魅力について書かれています。

わたしもこの機能を6年間使っていて、運転がものすごく楽になったと感じているので紹介したいと思います。

 

 

わたしは長距離運転へっちゃらです。

そんなことを言うと、ただ運転が好きなだけでしょ?とか、信じられないとか、ひたすらに否定されます。

確かにわたしは運転が好きです。車の中にいると、外にいるのにひきこもれる気がして、わくわくします。自分の好きなところに、個人的なスペースがあるというのはすばらしい。

それでも、疲れるものは疲れます。好きだからってずっと続けるのはしんどくなりますよね。それでも好きだから続けたい。今回紹介するのはそんな長距離運転が「楽になる」「好きになる」機能です。

 

 

 

わたしの長距離移動歴。

わたしは大学を休学する前、福岡でひとり暮らしをしていました。その期間は大体ひきこもっていたのですが、いくらひきこもっていたいと言えども、親の扶養で生きている身。必ず実家に帰らなければならない時があります。

電車は高い、バスはどうしても嫌だ。わたしに残された道は車で帰る他ありませんでした。当時、実家までの距離は、

スクリーンショット (26)

338km、4時間。

遠いですね。この数字を見ると、いまでも出だしは怖気づきます。わたしが車を手に入れたのは2010年だったので、かれこれ6年間はこの距離を往復しています。

いままでで1番長い距離を運転したのは香川旅行の時でした。

スクリーンショット (28)

大体100km増えて421km。この時は初めての道だったので、6時間くらいかけてゆっくり移動した覚えがあります。

免許持ちで運転を回そうと決めたのに、二日酔いで登場した後輩たちがいま少しうらめしい。なぜか帰りも1人で運転しました。

 

 

それでも長距離運転楽しめる理由。

明らかにきつい距離を何度も移動しているのに、わたしはいまでも運転が好きです。長距離どんとこいです。その秘密が「CC」にあります。

 

「CC」ってなに?

「ACC」の話じゃなかったのかよと思われるかもしれませんね。結論からいいます。わたしの車に「ACC」は搭載されていません。わたしの車には「CC」が搭載されています。「ACC」とは「CC」の進化形です。

「CC」とは、アクセルペダル、ブレーキペダルをを踏まなくても、一定の速度(約40km~100km)で走行できる機能なのです。

メリットは

  • 長距離運転がものすごく楽
  • 一定の速度で走るので燃費がよくなる
  • 一定の速度なので安全運転につながる

などがあります。100km以上の長い距離を運転するひとには必須の機能です。

 

じゃあ「ACC」って?

そんな「CC」にもひとつだけデメリットがあります。あまりにも無駄なく走るため、すぐに前の車に追いついてしまうのです。

渋滞の原因などに坂道での減速がありますが「CC」を使うとそういった無駄がなくなるんですよね。

常に一定の速度で走るので、前の車に追いついてしまったら「CC」を一度切らないといけません。これがめんどうなんですよ。

引用:ドロプラ:渋滞の先頭は、どうなっているの?

 

そこで登場したのが「ACC」です。これはなんと、一定速度で走りつつつも、前の車との距離を保ってくれるんですよ!!

これでわざわざスイッチを入れたり消したりする必要がなくなりました!車間距離を保ってくれるのは事故防止にもつながりますね。

 

 

選ぶなら断然「ACC」です!!

以上の理由でわたしは「ACC」をおすすめします。購入するときに気をつけて欲しいのは「CC」も「ACC」も通称が「クルコン」「クルーズコントロール」であること。どちらも呼び方が同じなので、購入の際にはご注意を。この機能があれば車での移動が楽しくなりますよ!

わたしも久しぶりに遠出がしたくなりました。どこか遠くに行く理由探しでもしてみますかね。

 

 

人気記事セレクション。

 

 

Twitterをのぞいてみる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク