IMG_03asa58

ベースを弾いたとき、指や、腕、肩が痛くなるのは体に力が入りすぎているのが原因。しかしベースは弦も太く楽器自体が大きいので、扱うにはある程度の力が必用です。

力を抜けといわれても困る……。

そこで、体をうまく使って効率よく力を伝えるためのポイントを5つにまとめてみました。楽器を使わずに試せるポイントもあるので、気になったら実践してみて下さい。

楽にベースを弾くことを目指して日々の練習を楽しみましょう!

 

 

左手の使い方「体」編。

左手を楽に動かすためにまずは、ベースを構えるときの体の使い方から!

体がうまく使えていると、手や指にも余計な力が入らず楽に弾くことができます。

 

①肘は体の横で楽に

  1. 左腕をダランと下げた状態から手のひらを前に向ける
  2. 肘をつかって手のひらをそのまま上げる
  3. 上げた手のひらにネックを乗せる
  4. しっくりこない場合はネックの傾きや前後で調整

上げてきた手のひらにネックを乗せるだけ。楽器に自分が合わせるのではなく、楽器に合わせてもらうイメージ。

こうすると肘が自由に使えるようになります。体の横に肘があると前後に動かしやすいはず。

肘が使えるからなんなの?っていうのはつぎのポイントで説明していきます!

 

②ベースは腹と腕で支える

  1. ベースを腹で支える
  2. 両腕をつかってベースを体の後ろに反らせるように持つ

腹を支点にして両腕でベースを支えると、楽器が体の方に引寄せられて押弦が楽になります。

演奏時、親指が痛くなるのは、ネックを親指で握り込むようにしてしまっているのが原因。ギューっと握っていると状態だと疲れてしまうんですよね。

腹と肘を意識してベースを支えると「親指は添えるだけ」っていう感覚が分かりやすくなると思います。

IMG_0374aa1

ポイントは①で楽になった肘を利用すること。左手の親指を外して弾いてみるとベースを体に引きつける感覚がさらにわかりやすくなりますよ。

 

 

左手の使い方「指」編。

お次は、指を楽に動かすネックの握り方について。

体をうまく使えていれば余計な力はかなり抜けているはず。

実際に弦を押さえるのに使う指の動かし方のポイントも押さえて、力を入れすぎなギチギチ指とはおさらばしましょう!

 

③手首はまっすぐ

  • 手首を曲げてグーパーしてみる

ベースはひとまず置いて、体がどんな状態の時に指が楽に曲げられるのか試してみましょう。

当たり前ですが、押弦時には必ず指が曲がっています。指が楽に曲げられる手首の状態を意識することが大切。

手首を色んな方向に曲げてからグーパーしてみると、指が楽に曲がる手首の位置が分かります。

 

④指はMP関節から曲げて「縦」に開く

指が楽に曲がる手首の位置がわかったら、つぎは指を楽に広げる動かし方です。

ベースってフレットの感覚が広いので指を広げるのが大変ですよね?関節を意識して指を楽に、広く動かしてみましょう。

  1. 手の平を直角に曲げる
  2. 関節を意識して指を縦に開く

こんな感じで手のひらを直角に曲げる時に使う関節をMP関節といいます。指の第三関節とも。

IMG_0357

なんでこんなことをやらせるのかというと、この関節、指先から数えて3番目のシワのところより手のひら側にあるんです。うーん、不思議。

実際に意識して動かしてみないと中々気づきませんね。

 

で、このMP関節使って指を「縦」に広げると指が動かしやすいんです。横に広げるのと比べてみると違いが分かるはず。

指を横に開こうとすると力が入って動かしづらい。

IMG_0352

MP関節を使って指を縦に広げると、横に開くのと比べて指が動かしやすい。

IMG_0353

 

⑤親指の向きを確かめる

最後に押弦時の親指の向きについて。

  1. 親指をヘッドの方に向けて弾いてみる
  2. 親指をボディの方に向けて弾いてみる

親指は一般的にはネックの裏の中心に来るようにといわれています。

が、その考えに縛られれているといつの間にか楽ではない弾き方になっているかも。

実際は親指の向きによって他の指の動かしやすさが変わります。

ペンなど細いものを指を使って掴んでみると、使う指によって親指の位置が変わるのがわかりますよ。

IMG_0355

親指の位置と人差し指~小指の動かしやすさを意識してみて下さい。

 

 

左手の使い方まとめ。

  • 肘は体の横で楽に
  • ベースを腹と腕で支える
  • 手首はまっすぐ
  • 指はMP関節から曲げて「縦」に開く
  • 親指の向きと他の指の動かしやすさを意識

手の形、指や腕の長さは人それぞれなので、絶対にこれが正しいというフォームはありません。

「自分の体はどう使うと、楽に動かせるのか」に注目して上記のポイントを試してみるともっと楽に演奏できるはず。

今回挙げた5つのポイントが、ベースを楽に弾くためのヒントになると嬉しいです!

 

 

人気記事セレクション。

 

 

運営者をフォローする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク