timing

クロマチック練習といえば、ベースギターの練習では定番中の定番。左手の押弦の仕方や、右手のピッキングの仕方など学ぶことが多くあります。

両手の使い方を学ぶことができるこの練習の効果を、さらにパワーアップさせるために、両手のシンクロ、音がなるタイミングに絞ったポイントを紹介します。

その「弾いた」は間違っているかも

弦を押さえて右手で弾けばなる。というのがベースという楽器。これがこの楽器の厄介なところで、音が出るタイミングが2回あるのです。

1つは左手で「弦を押さえた時」、もう1つは右手で「弦をはじいた時」です。どちらか片方の手だけに「弾いた」という感覚があると、キレイな音はなってくれません。

さらに、「押さえた時」「はじいた時」を誤解していると、どれだけメトロノームに合わせて練習しようとしてもうまくいきません。

この、「弾いた」という感覚をもっと正確にするためにも、右手と左手がどういう動きをした時に音がなるのかを細かく確認していきましょう。

「弾いた」を正確にする2つのポイント

音がなるタイミングを細かく確認するといっても、方法はめちゃくちゃ簡単。両手の使い方にそれぞれのポイントがあるのでぜひ試してみて下さい。

どちらも試してみたらクロマチック練習で確認してみましょう。

ポイント1:右手の使い方

①弦に指orピックを押さえつける
②押さえつけた指を勢い良く離す

ベースは弦が振動することで音がなる楽器です。指やピックを弦に押し付けただけでは音はならず、勢い良く離したタイミングで弦が振動し、音がなります。

ポイント2:左手の使い方

①左手は弦に軽く触れたままピッキング
→だんだん左手に力を入れて押さえていく
②左手は弦をしっかり抑えたままピッキング
→だんだん左手の力を抜いていく

この練習は左手の力加減を確認するのにも役立ちます。弦とフレットがちょうどよく噛み合うと、音がキレイになります。

音をならすタイミングをコントロールする

  • 指が離れた時に音がなる
  • 押さえた弦とフレットが重なる時に音がなる

この2つのポイントを押さえると、音をならすタイミングがより、自分でコントロールできるようになると思います。

多分、クロマチック練習が難しく感じるはず。大変な練習には効果も期待できるということで、がんばりましょう!

ひきこもりの本棚。

わたしの努力の方法。

人気記事セレクション。

わたしがひきこもった理由。
ひきこもる方法。
ギターやベースを続けたいひとへ。
続ける技術。

ひきこもりのTwitter。

同じくInstagram。

スポンサーリンク

スポンサーリンク