ある時ふと、基礎練ってつまらないなーと思いました。そういえば毎日基礎練しかしてない……。

曲を弾けるようになるために基礎練を始めたはずなのに、いつまでたっても弾けてないじゃないか!

という本末転倒に気づくのも、これが初めてではありません。

そろそろ練習のための練習からは抜け出したいので、もう一度、何のために練習するのかを考えてみました。


楽器がうまくなるとはなにか

まず、多くの人がそうであるように、わたしが楽器を練習するのはうまくなるため。で、その「うまくなる」ってなんだか曖昧な気がしたので2つに分けてみました。

1つが「表現できるようになること」もう一つが「扱うのに慣れること」

これを楽器に当てはめると「色んなフレーズを弾けるようになること」「正確に弾けるようになること」となったのだけど、分かりづらいので「ことば」に当てはめてみます。

表現できるようになること→会話力を上げる

道具を使って自分を表現するということ。ひとは言葉という道具を使って、自分の考えや思いを相手に伝えようとします。

扱うのに慣れること→文法を学ぶ

これは、道具の使い方を学ぶということ。発音や文法を学ぶことで、カタコトだったことばが自分をより正確に相手に伝えるモノになります。

うまくなる要素と「楽器」「ことば」の関係
zu


音楽は伝えるもの

会話力と文法、どちらを優先して鍛えるべきか……。悩みます。

が、わたしがおすすめするのは「会話力」です。音楽をことばで例えてみたのは決して適当ではなく、音楽にはことばと同じように伝える力があると思うからです。

明るい曲、暗い曲、泣ける曲、〇〇な曲ということばが数多くあるように、音楽は人の感情に訴えかけます。せっかく伝える力をもつモノを扱っているのだから、カタコトでいいのでまずは伝えてみよう。

外国人が話すカタコトの日本語がなぜか理解できるのと一緒で、「文法」なんてしっかりしていなくても伝わります。
 

「会話力=フレーズ」を鍛えるにはコピーが1番

そうなると知りたいのは会話力の鍛え方。楽器に当てはめると「色んなフレーズを弾けるようになるには?」ですね。

結論から言うと、コピーです。こどもは親のマネをして、ことばを覚えていきますよね。それと同じように、コピー(マネ)をしていくことで使えるフレーズ(会話のパターン)が増えていき、表現が豊かになります。

初めから完璧にコピーできなくても大丈夫。「きゃりーぱみゅぱみゅ」なんて全然正確に発音できなくても伝わります。まずはコピーしてみることが大切。
 

「文法=基礎」は表現力をより増すもの

会話力を鍛えるのがコピーであるなら、話の流れからして文法を鍛えるのが基礎練ということになります。

ということは、会話をより正確に伝えるのが文法。フレーズをより正確に弾くために必用なのが基礎練……。

あれ?基礎って土台のイメージがあったのだけど、どうやら違うみたい。基礎(文法)はたどたどしいフレーズ(会話)を補うためのモノでした。

もっと細かいニュアンスを出したい。リズムを正確に刻みたい。基礎練は「もっとこうしたい!」に応えるためにあるのだと思います。
 

まとめ

  • 音楽とは伝えるもの
  • 伝える力を鍛えるのにはコピーがいい
  • 基礎練は伝える力を補うもの

基本と聞くと、まず始めにやらなければいけないことのように思えますが、どうやら違っていたみたい。

フレーズを磨くための基礎。これを忘れないように日々の練習に打ち込んでいきましょう!
 

ひきこもりの本棚。

わたしの努力の方法。 

人気記事セレクション。

わたしがひきこもった理由。
ひきこもる方法。
ギターやベースを続けたいひとへ。
続ける技術。

ひきこもりのTwitter。

同じくInstagram。

スポンサーリンク

スポンサーリンク