toggl

時間を有効に使いたいと思ったことはありませんか?それには日々の生活の見直しが必要。toggl はシンプルに、自分の行動にかかった時間を記録していくことができます。

時間は有限です。自分がどの行動にどれだけの時間を使ったのかがわかれば、毎日を見つめなおすきっかけになるでしょう。

と、いうのが本来の使い方だと思います。

ですが、わたしは toggl を「やる気スイッチ」として使うことで、毎日の快眠に役立てています。


toggl の基本的な使い方。

toggl の使い方はタイマーを使って時間を測るだけ。たとえば食事、趣味、睡眠、仕事など。測った記録は保存され、グラフで振り返ることができるので、日々の生活を簡単に見直すことができます。

基本的な使い方は「togglの使い方と導入方法!時間管理で忙しさから卒業だ - きになるきにする」にわかりやすくまとめてあります。

わたしも始めは、時間管理ってなんだか楽しそう!自分の時間を見直せるならいいかも!と思って使い始めました。


toggl は意外とめんどくさい。

日々の生活を見直して、もっといい人生を送るぞ!と意気込んで、使ってみたものの、1周間ほどでめんどくさくなってきました……。

toggl はストップウォッチみたいなものなので、スタートとストップを自分で押さないといけません。この一手間がストレスになっていました。

アプリ自体は web でもスマホでも使えるようになっていて、一見どこにいてもすぐに使えるように感じます。

しかし、わたしは普段スマホを肌身離さず持っているわけではないので、記録をするためにわざわざ取り出すというのもめんどうでした。

初めはそれなりに記録していたのが…IMG_8496

わずか1週間とちょっとでこんなことに……。IMG_8497


toggl を使うのをやめてみた。

アプリを立ち上げて、いちいちボタンを押すのはめんどくさい!という理由で、わたしは toggl を使うことを一度やめます。けれど、使うのをやめてから気づいたことがありました。

なんだか眠れない…。朝も体がだるい気がする……。

たった1週間でやめてしまうほど面倒だった toggl での時間管理。でも、「寝る」という項目だけは最後まで続いていたんです。

もしかしてそれが原因では?


「やる気スイッチ」としての toggl

茂木 健一郎さんの著書、脳を最高に活かせる人の朝時間に次のようなことが書いてあります。

「よし、やるぞ!」と思い立ったら、次の瞬間には取り掛かる──。  このトレーニングを何度も繰り返し行うことで、次第に一瞬で集中力のギアがトップスピードに入り、自分でも驚くほどの成果を上げることができます。

わたしが快眠できていたのは「よし、寝るぞ!」と思ったら、それをすぐ行動に移すことができていたからなのです。集中することで効率良く眠ることができます。

しかし、ただ思っただけですぐ行動が起こせるかというと、そうではないでしょう。

「やろうと思ったのに、いつの間にか違うことをしている」ということはありませんか?実際、わたしも toggl を使わなくなってからは「寝るぞ!」と思っても布団の中でスマホをいじっていたりしました。

toggl を使うと、自分が「今やるぞ!」と思ったことが強調されます。

寝る前に toggl で記録を始める→やっぱスマホ使いたいな→でも寝ないのなら toggl を一旦止めなきゃ→めんどうだから寝よう

という流れがあったから、思ったことを行動に移すことができていたのです。


toggl で記録をつけることは他の行動の抑止力になる。

toggl ってやっぱり面倒です。でも、面倒だと思うところに、このアプリの魅力があります。

1つの行動に集中したいと思ってもなかなかできない。他のことに気を取られてしまう。そんなひとには「やる気スイッチ」としての toggl をおすすめします!


人気記事セレクション。


ひきこもりの本棚。


ひきこもりなTwitter。


模索中のInstagram。

スポンサーリンク

スポンサーリンク