darekanoyakunitatukamosirenaijikoshoukai

1ヶ月、ブログの更新をサボりました。というか書けなくなりました。

自分のブログは誰かの役に立つのか。

このことについて考えてました。

「しょーもない記事書きやがって」みたいな内容の投稿をSNSで見かけてビビってしまったんです。自分に対して言われたワケじゃないのに。

その道のプロではないのにこんな発言しちゃっていいの?とか

ひきこもりが役に立てるわけ無いじゃん。とか

かなり卑屈になっていました。やらない理由を探しまくってました。傷つくことに対してビビってました。

何もしないというのは最強の防御術だけど、その代わりなにも変わらないということをすっかり忘れていました。

誰かの役に立ちたいは傲慢。

役に立って、誰かに認められたい。この気持ちは悪くないと思います。

勘違いしてはいけないのが、役に立つかどうかを決めるのは自分ではなく他人だということ。わたしはそれを無視してまたひきこもってました。

認められるって相手がいないとできないことなのに、それをさせないまま、うだうだ言ってるのってすごく失礼。相手の選ぶ権利を無視するなんて傲慢です。

認められたかったら、書くしかない

自己満を突き詰める。

結局これだと思います。自分が満足したものを世に送り出すことしかできないんです。大切なのはどこまでを自己満に入れるか。他人の感情や行動まで自己満に含めてしまうと、コントロール出来ないものに振り回されることになります。

他人を相手にするより、自分を相手にするほうが確実。自分に対する要求にきちんと答えていくことが記事のクオリティにもつながっていく。

誰かの役に立てばいいを目指す。

ブログってすごいシビアです。このブログには現在43の記事がありますが、たったこれだけの記事数でも毎日読まれるものと、そうではないものに明確な差があります。

もちらん全部、誰かの役に立ちたいという気持ちで書いているのにです。

必要なモノかどうかを判断するのは相手。そのことを忘れず自分を満たしていく。そうすればブログは続くと思います。

ご案内コーナー。

ダイトクってだれ?
わたしのやりたいこと。

ひきこもりの本棚。

自分を変える本5冊。
わたしの努力の方法。

人気記事セレクション。

わたしがひきこもった理由。
ひきこもる方法。
やる気スイッチは作れる!!
ギターやベースを続けたいひとへ。
続ける技術。

ひきこもりのTwitter。

同じくInstagram。

スポンサーリンク

スポンサーリンク