beer-ed37b30e2b

もしかしたら経験するかもしれない飲み会ぼっち問題。みんなと一緒に過ごしているはずなのに1人でいるというのは、とても歯がゆいし、さびしいです。

その解決策、そして「飲み会を楽しいものに変える方法」を、6年ひきこもっている熟練ひきこもりが、ひきこもりの視点で考えてみました。


ひきこもるのはさびしい。ぼっちもさびしい。

だれとも話さない日々って、意識してしまうとさびしい。Twitter を見たとなるとなおさら。タイムライン上では知り合いが楽しそうに話しています。

ひきこもり初期っていうのは得てして他人の動きが気になるもので、わたしも随分惑わされました。

ここでさびしさに負けて話に参加しようとすると大変。返事がこないことにソワソワしたり、うまくいかない会話に落ち込んだり……。

他人はコントロールできないのに。そんなものに心を奪われるなんて、なんかイヤじゃないですか?

↓返信数0のわたしのツイート。


なぜ人見知りぼっちが自宅で飲み会なのか。

いつまでも他人に振り回されたくないと思い、さびしいとき開いていたのが「自宅での飲み会」です。家飲みは楽しいですよー。ひきこもっていてもできますからね。

もちろん、成功すればですけど。

ちなみにわたしはひきこもりであり、独りになりがちな人見知りです。そんな自分が「なぜ自宅での飲み会は楽しいのか」について解説していきます。


Twitter はシカトできる。

Twitter は平等です。その中では、どんな有名人でも同じルールで過ごさないといけません。やろうと思えば誰だって有名人にからむことができますよね。

だからダメなんです。

あなたのはなしに、だれも返事をしなくてもいいわけです。めんどくさいなって思われたら会話は止まりますし、そうなってもだれかが応えるでしょっていう安心感があります。

ツイッターでさびしさを埋めるのは、よっぽどおもしろいツイートを思いついたときだけにしましょう。


飲み会はシカトしていられない。けど……。

誰でも飲み会は楽しみたいと思って開きます。Twitter と違うのは、その場を盛り上げることができるのが参加しているひとだけということ。楽しむためには参加者ひとりひとりが頑張るしかないです。

そのため、飲み会は少人数であればあるほど、シカトされる率が下がります。しかし、人見知りを発揮してしまえば、話についていくことができず独りになってしまうでしょう。

いつの間にか独りになってしまうのは、飲み会に「いるだけ」なのが原因です。会話ができなければ「飲み会を盛り上げるひと」ではいられません。楽しい飲み会をしたいとき、「盛り上げられないひと」の重要度はどんどん下がってしまいます。

だからといって積極的に話しかけるのは難しい……。

話ができないために段々とみんなから離れていく。これを防ぐ必殺技が、飲み会で「ホスト」なることです。


飲み会の「ホスト」になろう。

飲み会でぼっちにならない方法。それは、飲み会を自分の家で開くことです。

ひとを家に招くということは、お客様として迎えることを指します。そうすると自分は「ホスト」になれるんですよ。

常識のあるお客様っていうのは、ホストをないがしろにしたりはしません。自分がうまく話せなくてうつむいている時でも、向こうから話しかけてくれます。「お客様」と「ホスト」この関係を作ることが飲み会では大切です。

飲み会を居酒屋や他人の家など「外」でしてしまうと、うまく話せないひとはおいていかれます。居酒屋では Twitter と同じように、飲み会に参加しているひとみんなが平等だからです。

確実に飲み会を楽しむためには会話が必用。そのためには、「一緒にすごしてみたい」「はなしてみたい」ひとを「自分の家」に呼ぶことが大切です。


ぼっちや人見知りが自宅での飲み会で心がけること。

大切なことは、来てくれるひとに最後までお客様でいてもらうことです

例えば、「散らかっていて埃っぽい部屋」と、「整理整頓されたきれいな部屋」なら、後者のほうが相手に「お客様感」を与えられます。だらけてもいいという空気を相手に感じさせてはいけません。

相手がお客様でいられる空間は、入った時に緊張する部屋を思い浮かべてください。学生の頃、職員室に入ると「ピリッ」とした空気を感じましたよね。飲み会を楽しむためにも、それに相応しい緊張感が必用です。目指すのは、緊張はするけど居心地は悪くない部屋。

わたしはひとの家に行ったとき、食べ物が次々とでてくるのが苦手でした。うれしいけれど、気を使ってしまいます。

なので、自宅での飲み会ではおつまみを作っていました。料理をするのは、うまく話せなくても自然と席を離れることができ、さらに相手に気にかけてもらえるのでおすすめです。

家飲みができるようになると、飲み会がものすごく楽しいものへと変わります。ぜひ挑戦してみて下さい!


人気記事セレクション。


ひきこもりの本棚。


ひきこもりなTwitter。


模索中のInstagram。

スポンサーリンク

スポンサーリンク